見てみ!来てみ!徳島
イベント情報 最新ブログ おすすめプラン 観光情報 交通案内 よくある質問
おすすめプラン
1 2 3 4 5 6 7 8 9
2012/12/21
阿波十郎兵衛屋敷(徳島市川内町)

浄瑠璃作家・近松半二の「傾城阿波の鳴門」の
モデルとなった庄屋 坂東十郎兵衛の屋敷跡で
約300年前の建物です。
建物内には、阿波木偶人形の展示や、
十郎兵衛の遺品が展示してあり
人形浄瑠璃芝居も上演しています。(上演30分間)
毎日11:00 14:00の2回公演

*JR徳島駅前 川内循環バス(徳島市営バス7番乗り場)
「十郎兵衛屋敷」下車 (2011年 10月1日から徳島バスが運行)

開館時間
9:30〜17:00(7月〜8月は18:00まで)
休館日
12月31日〜1月3日
入館料
一般 - 400円
大学・高校生・中学生 - 300円
小学生 - 200円
2012/12/21
阿波おどり会館
阿波おどり関連の展示、実演を行う文化施設で
毎年8月のお盆期間4日間に開催される
伝統芸能の阿波おどりを
年間を通じて楽しめます。
阿波おどりの高張り提灯をモチーフとして
逆台形のユニークな建物に設計され
1999年7月に開館しました。

・ 昼のおどり(阿波おどりホール)
(1) 11:00〜(午前公演は土日祝のみ)
(2) 14:00〜
(3) 15:00〜
(4) 16:00〜
・ 夜のおどり(阿波おどりホール) 毎日20:00〜20:50
  
 その他、臨時休演日があります。

・ 阿波おどりミュージアム 3階 9:00〜17:00
・ 物産販売所「あるでよ徳島」1階 9:00〜21:00

JR徳島駅から約750mで徒歩15分です。
駅前からそごうの前を通過して正面の山【眉山】へ向けて歩いて正面行き止まりの建物です。

バスでは、徳島駅前から市バス
2番乗り場「法花」行き
3番乗り場「市原」「文化の森」「南部循環線(左回り)」行きで
バス停留所「ロープウェイ前」下車、距離120メートルです。


阿波おどり会館の駐車場は建物の右道路(北側)にタワーパーキング式になります。
なお、周辺にはコイン駐車場など民間駐車場もあります。
阿波おどり会館前のバス駐車場は無料です。市内観光のバス待機駐車も可能。予約を阿波おどり会館に連絡ください。
眉山山頂へは阿波おどり会館5階のロープウエイ乗り場から
6分で到着します。
2012/12/21
「眉山ロープウェイ」(阿波おどり会館5階)

阿波おどり会館5階の山麓駅から
眉山山頂の山頂駅まで約6分で結んでいます。
徳島市街が手に取るように見渡せます。
頂上広場は標高280メートル。
1999年7月31日から単線交走式で
2台のゴンドラを連ねて運行しています。
なお初代開業は1957年12月1日でした。

年中無休で運行しています。
通常は15分おきの発車です。
運転時間 4/1〜10/31 9:00〜21:00
       11/1〜3/31 9:00〜17:30
2月ごろ一年検査等に伴う運転休止期間があります。
2012/12/21
とくしま動物園(徳島市方上町・渋野町)
1998年4月、徳島市総合動植物公園の中に
四国最大級の動物園として開園しました。

園内は、温帯区、熱帯区、サバンナ区、寒帯区、
こども動物園に分かれています。

開園時刻 午前9時30分〜午後4時30分(入園は午後4時まで)
規模 15.19ヘクタール
休園日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日が休園日)
年末年始 12月29日〜1月1日
入園料 大人   500円(中学生以下は無料)
年間パスポート 1,000円で1年間入園可能(詳細)
駐車料金 普通車   310円(約600台駐車可能)
大型車 1,260円
二輪車   無料
交通機関 JR徳島駅前から市バス2番乗り場「渋野行き」に乗り,
とくしま動物園で下車してすぐ

電話番号 088−636−3215
FAX番号 088−636−3218
2012/12/21
旧徳島城表御殿庭園(徳島中央公園)
旧徳島城表御殿庭園は、
昭和16年12月13日に国指定の名勝に
指定されました。
庭園は、旧徳島藩主蜂須賀公の居間や
表書院の庭として造られたものです。
武将で茶人の上田宗箇作庭の
枯山水庭(書院の庭)と築山泉水庭(居間の庭)の
二庭からなる観賞式と池泉廻遊式を兼ねた
桃山様式を伝える名庭です。
◆ 入園料 : 大人50円、小人:30円
◆ 開館時間 : 9:00〜17:00(入園は16:30まで)
◆ 休園日 : 毎週月曜日(祝日と重なった場合は開園)
  年末年始(12月28日〜1月4日)
2012/12/21
徳島城博物館(徳島中央公園)
旧徳島城表御殿の後地に建てられたもので、
徳島藩と藩主蜂須賀家に関する
歴史・美術資料が展示されています。
館内には徳島藩御召鯨船(重要文化財)や
水軍についての資料、
徳島城御殿の復元模型などが展示されている。
国の名勝に指定された徳島城表御殿庭園も眺めることができる。

開館時間
9:00〜16:30(入場時間は午後4時30分まで)
休館日
月曜日(祝日の場合は開館、祝日の翌日)
12月28日〜1月4日
入館料
一般 - 300円
大学・高校生 - 200円
中・小学生 - 無料

〒770-0851 
徳島県徳島市徳島町城内1番地の8
TEL:088-656-2525 
 FAX:088-656-2466
2012/9/17
四国白地図
四国の白地図です。
JR路線、高速道路が入っています。
プランニングにご利用ください。
データ:四国ツーリズム機構HP
印刷の場合は、印刷プレビューで確認して
紙を横向きにしてください。
2012/6/16
とくしまマルシェ〜毎月の月末日曜日〜
徳島市東船場町1丁目の「しんまちボードウォーク」を
利用して開かれている「とくしまマルシェ」。
時間は午前9時〜午後3時。
徳島産のこだわりの農産物や加工品をパラソルショップで販売しています。
フランス語で「市場」を意味する言葉「マルシェ」。
本場フランスのようにおしゃれな空間で
徳島の農産物をお求めください
2012/7/14
電動バイク・電動アシストサイクルのレンタル「ぐるとくサイクル」
徳島市では、観光客の利便性を高めるとともに、広域的に点在する観光資源の周遊性を高めた長期滞在型の観光地を目指そうと、電動バイク等観光レンタル事業推進協議会(平成23年5月25日設立)を設け、電動バイク、電動アシスト付き自転車のレンタル「ぐるとくサイクル」窓口をJR徳島駅前のアミコ専門店街地下1階に設置しています。観光ステーションと併設されています。
市内の散策や観光に、ビジネスに、ショッピングにさまざまな場面でご利用ください。

貸出車両
・ 電動バイク ※注 原付免許要
・ 電動アシスト付き自転車(シティタイプ、MBタイプ
2012/6/16
文学書道館〜瀬戸内寂聴さんの資料〜
徳島県立文学書道館は、文学館と書道美術館が複合された施設です。
文学・書道に関する作品や資料の収集・保存や調査研究、展示紹介の他、
講座や実習の開催などを通して文化活動の場を提供します。

徳島出身の作家と書家の作品を展示し、その業績を顕彰した芸術的空間です。
文学と書道を併せた記念館は、全国にはじめての施設です。
文学作品も書も、人間の可能性を追求し、生きる喜びとエネルギーを与えるものです。
 その二つの芸術作品が同居すれば、インパクトとエネルギーは二倍になります。
 この館の設立には最初から情熱を持って関わってきた瀬戸内寂聴さんは、
文学資料として持てるものの大方二万点ほど寄付しています。
  徳島出身の作家は数は少なく、SF作家の先駆者海野十三、
ハンセン病作家として著名な北條民雄をはじめ、
賀川豊彦、富士正晴など、ユニークな作家たちの作品が
展示されています。