見てみ!来てみ!徳島
イベント情報 最新ブログ おすすめプラン 観光情報 交通案内 よくある質問
インフォメーション
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
2013/10/16
レンタサイクルでめぐる「大谷焼窯まつりと四国大学・芳藍祭を訪ねて」
レンタサイクルでめぐる「大谷焼窯まつりと四国大学・芳藍祭を訪ねて」


電動アシスト自転車を使って「町を再発見する」ガイドコース案内を行います。
今回は、大谷焼窯まつりと四国大学学園祭・芳藍祭へご案内します。
徳島を代表する焼物である大谷焼。水がめやスイレン 鉢などの大物から花瓶や湯呑みまで幅広く作られます。1年に1度の陶器市には多くのファンが詰めかけます。

応神町の四国大学は、この日学園祭。バザーや展示室を見学できます。また演芸や徳島、沖縄の郷土芸能も披露されます。地元ガイドの案内付きで、道に迷わず楽しく観光できます。

日  時:11月10日(日曜日) 
集合場所:9時15分に徳島市観光ステーション(アミコ地下)に集合。 
出発時間:9:30〜(解散15:30・小雨決行)
走行距離:約26km(片道13km)
所要時間:6時間
参加費: サイクル代500円、昼食各自で負担
定  員:10人
参加申し込み:レンタサイクル事務所で受付 電話:088-635-9002(午前9時〜午後7時30分)
注意事項:レンタサイクルの傷害保険がかかっていますがケガには十分お気をつけ下さい。
2013/10/6
レンタサイクルガイドツアー「ひょうたん島博覧会ぐるっとスタンプラリー制覇」
レンタサイクルガイドツアー「ひょうたん島博覧会ぐるっとスタンプラリー制覇」


NPO法人徳島ツーリズム協会は、電動アシスト自転車を使って「町を再発見する」ガイドコース案内を行います。
今回は、電動アシストレンタサイクルツアー<ひょうたん島博覧会ぐるっとスタンプラリー制覇>を実施します。
ひょうたん島博覧会は10月26日(土)〜27日(日)、徳島市中心部を会場に開かれます。水とともに発展した徳島市のシンボル「ひょうたん島」を舞台に、多くの人々や団体の協力により博覧会を開催し、「人」、「街」、「歴史」が繋がり合い、水都・徳島の魅力を全国に発信しようと開かれます。
「ひょうたん島水上パレード」「とくしまご当地グルメフェスティバル」「とくしまマルシェ」
などチェックポイントをめぐりスタンプを集めます。

日  時:平成25年10月27日(日)
集合場所:JR徳島駅前(アミコ北口) 9:50
出発時間:10:00〜(解散15:30頃・小雨決行)
走行距離:約7km(往復)
参加費:500円(電動レンタサイクル代、保険代)
定  員:10人
参加申し込み:レンタサイクル事務所電話: 088-655-6133 (午前9時〜午後7時30分)で受け付け。
締め切り:10月24日(木) (締め切り後も空席の場合は受付)
注意事項:レンタサイクルの傷害保険がかかっていますがケガには十分お気をつけ下さい。
電動サイクルは、サドルに座って足が着く方に限ります(身長140cm以上が目安)
2013/10/1
レンタサイクルでめぐるガイドツアー「いも堀り体験と阿波人形浄瑠璃を訪ねて」
レンタサイクルでめぐるガイドツアー「いも堀り体験と阿波人形浄瑠璃を訪ねて」


電動アシスト自転車を使って「町を再発見する」ガイドコース案内を行います。
今回は、いも堀り体験と浄瑠璃鑑賞へご案内します。吉野川の河口から鳴門の沿岸部では鳴門金時さつまいもの生産が盛んです。この季節には収穫作業に汗を流す農家の方の姿を見ます。そこで、さつまいもの掘り出しを体験します。最近は機械で掘る場合もありますが、土の中から掘り出される紅色のさつまいもは、手で掘るからその色や大きさに驚いたりします。
また徳島市川内町にある阿波十郎兵衛屋敷は、人形浄瑠璃「傾城阿波鳴門」で知られる板東十郎兵衛の屋敷跡として知られています。人形浄瑠璃で使われる木偶人形や資料等が展示されています。地元保存会などの手で上演される人形浄瑠璃を観賞します。(上演時間14:00〜)
地元ガイドの案内付きで、道に迷わず楽しく観光できます。



日  時:10月6日(日曜日) 
集合場所:9時15分に徳島市観光ステーション(アミコ地下)に集合。 
出発時間:9:30〜(解散15:30・小雨決行)
走行距離:約20km(片道10km)
所要時間:6時間
参加費: サイクル代500円と浄瑠璃鑑賞400円、いも堀実費(約1000円目安)
定  員:10人
参加申し込み:レンタサイクル事務所で受付 電話:088−635−9002(午前9時〜午後7時30分)
注意事項:レンタサイクルの傷害保険がかかっていますがケガには十分お気をつけ下さい。
2013/8/20
とくしま観光サポーター(観光案内人)養成講座募集(締め切り延長)
とくしま観光サポーター(観光案内人)養成講座募集

徳島東部地域体験観光市町村連絡協議会では、
来訪者に心地よく過ごして頂くため、
観光施設での観光案内、交通案内等を通じて、
心温かいもてなしを行う
「とくしま観光サポーター(観光案内人)」を養成します。
受講生を募集しますので、
ぜびご興味・ご関心がある方は、ご応募ください。
申込受付期間:平成25年8月20日(火)〜9月20日(金)
【締め切りを10月4日へ変更】
募集人数:30人程度
募集対象:徳島東部地域(徳島市、勝浦町、上勝町、神山町、
佐那河内村、石井町、松茂町、北島町、藍住町、板野町、上板町)に
在住もしくは勤務先がある、徳島のことが大好きな20歳以上の人で、
講座終了後に「とくしま観光サポーター」の一員として
積極的に活動してくれる意欲と体力のある人
養成講座日程:平成25年10月12日(土)〜平成26年3月8日(土) 全7回 
内容等
観光ガイドとしての「心得(マナー)」「おもてなしの心」や
観光ガイドコースづくりなどの講義とともに、
県内観光地でのボランティアガイド研修を通じて、
観光ガイドボランティアとして歩み出すための知識等を学びます。 
講座修了後には、受講生が在住もしくは働く町において、
『とくしま観光サポーター』として、町内にある観光施設での
観光案内など、来訪者のサポーター役として
様々なもてなし活動に参加します。
受講場所:徳島市シビックセンター(JR徳島駅前アミコビル内)ほか
受講料:2,500円(資料代等) 
※別途現地実習時等における利用施設の入館料が必要となる場合があります。
申込方法
所定の申込用紙又は電子メールに、必要項目及び400字程度にまとめた
とくしま観光サポーター活動への意気込みを記入のうえ、
NPO徳島ツーリズム協会まで持参もしくは、
郵送・電子メールにてお申し込みください。
【申込先】〒770-0834
徳島市元町1丁目24番地 アミコビル地下1階 
徳島市広域観光案内ステーション「とくしま旅づくりネット」
とくしま観光サポーター養成講座 担当
TEL:088-635-9002 FAX:088-635-9003
Mail:kawanies@kawanies.net
2013/9/13
アシストサイクルガイドツアー「徳島航空祭とスカイフェスタ会場」
アシストサイクルガイドツアー「徳島航空祭とスカイフェスタ会場」

電動アシスト自転車を使ってレンタサイクルツアー<徳島航空祭とスカイフェスタ会場を訪れます。
海上自衛隊徳島航空基地で9月28日(土)、「徳島航空基地 ・航空祭」が開催されます。
また、スカイフェスタ松茂2013が開催される直前の月見ヶ丘海浜公園を訪れ祭りの雰囲気を一足早く体感します。



日  時:平成25年9月28日(土)
集合場所:JR徳島駅前(アミコ北口) 9:20
出発時間:9:30〜(解散15:30頃・小雨決行)
走行距離:約20km(往復)
参加費:500円(電動レンタサイクル代、保険代)
定  員:10人
参加申し込み:レンタサイクル事務所電話: 088-655-6133 (午前9時〜午後7時30分)で受け付け。
締め切り:9月26日(木) (締め切り後も空席の場合は受付)
注意事項:レンタサイクルの傷害保険がかかっていますがケガには十分お気をつけ下さい。
電動サイクルは、サドルに座って足が着く方に限ります(身長140cm以上が目安)
2013/8/31
レンタサイクルでめぐるガイドツアー「なし狩りと阿波人形浄瑠璃を訪ねて」
レンタサイクルでめぐるガイドツアー「なし狩りと阿波人形浄瑠璃を訪ねて」

電動アシスト自転車を使って今回は、なし狩りへご案内します。
吉野川の北岸、松茂町、北島町、鳴門市などでは梨の生産が盛んです。
この季節には道路に面した直売所では、なしの実が並びます。
そこで、なし園でもぎたての梨を味わいます。60分食べ放題です。
また、徳島市川内町の阿波十郎兵衛屋敷は、
人形浄瑠璃「傾城阿波鳴門」で知られる板東十郎兵衛の屋敷跡。
人形浄瑠璃で使われる木偶人形や資料等が展示されています。
地元保存会などの手で上演される人形浄瑠璃を観賞します。
(上演時間14:00〜)

日  時:9月8日(日曜日) 
集合場所:9時15分に徳島市観光ステーション(アミコ地下)に集合。 
出発時間:9:30〜(解散15:30・小雨決行)
走行距離:約26km(片道13km)
所要時間:6時間
参加費: なし園入場料1200円、浄瑠璃入場料400円、サイクル代500円、
定  員:8人
参加申し込み:レンタサイクル事務所で受付 電話:088-635-9002(午前9時〜午後7時30分)

*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*
2013/8/17
秋の阿波おどり とくしまINAKA博覧会オープニングイベント
とくしまINAKA博覧会オープニングイベント アスティ秋の阿波おどり


開催期間
2013/9/28(土)・29(日)

今年で6回目を迎える【とくしま・INAKA博覧会】!
阿波おどりや阿波人形浄瑠璃などの伝統芸能フェア、
徳島ラーメンや徳島バーガーなどの郷土グルメ、物産・特産品の即売、
市町村観光ブースやさまざまな展示・催しが盛りだくさんの2日間です!

◆阿波おどり《1日2回上演》 午前/11:00〜12:00 午後/13:30〜14:30
 9/28(土)徳島県阿波踊り協会 
 9/29(日)阿波おどり振興協会 
 *両協会の選抜連が日替わりで出演します。

◆徳島に住みます芸人キャンパスボーイ
 9/28(土)29(日)両日とも出演します。

お問い合わせ

徳島県観光協会
TEL: 088-624-5111
2013/8/11
阿波おどりが始まります(詳細情報)
阿波おどりが始まります(詳細情報)


今年の阿波踊りはの日程は
8月12日〜15日に徳島市で開かれます。
市内には6ヶ所の演舞場と呼ばれる
観覧席が設けられます。

■徳島駅前、改札を出て左、バスターミナル横で
阿波おどり総合案内所を設置しています。
演舞場情報や、有料チケットの残席情報などをお伝えできます。

■桟敷席と呼んでいます有料演舞場は、照明が明るく
芸能人・タレント連、有名連が繰りこみ
飽きないで見ることができます。
有料演舞場で最も大規模なのは
藍場浜(あいばはま)演舞場でNHKのテレビ収録もあります。
指定席の座席表は、演舞場入り口に貼っています。
また、駅前総合案内所でお聞きください。
無料演舞場は、飛び込みで一緒に踊れるくらいの
小規模で、踊り子とのふれあいが感じられます。

■男踊りは着流し浴衣に尻からげ(尻で裾をたくし上げ)
女踊りも尻からげで裾よけ、襦袢を見せる着付けです。
男女ともハッピを着て踊る連もあります。
ただし、鳴り物(楽器連)は着流しで足袋、雪駄履きが決まりです。
着付けは、市福祉センターで12日13日に手伝ってくれます。
男女とも着つけてくれます。

■臨時駐車場が、市内の学校運動場や公園に設けられます。
一番人気は新町小学校、二番人気は内町小学校のようです。
いづれも有料です。
吉野川河川敷、マリンピア沖洲には無料の駐車場が設けられ
臨時バスがシャトル便で運行されます。
バス運行の協力金1名100円を用意してください。

■有名連の演舞場所は、有料演舞場の事前発表のほか
各連のHPやFBに掲載しているところもあります。

■日中の観光では、三好市西祖谷山村や鳴門市鳴門公園、
美馬市脇町などがオススメですが、朝早く出発し
徳島市内には、午後4時を目途にお入りください。
交通規制は午後6時からですが、5時を過ぎるとラッシュです。

■阿波踊りの演舞場で踊る方は当日の踊る順番の抽選に参加してください。
8月12〜15日の毎日9時30分から抽選で
その前に連名を確認しますので、ちょうちん、いんろう、浴衣、など
連名が確認できるものを持参してください
抽選場所は寺島公園内の看板前(徳島東警察署北側)
対象演舞場など 市役所前、藍場浜、紺屋町、南内町の有料演舞場、
両国本町、新町橋(東・西)演舞場、元町おどり広場、新町橋東おどり広場の
8カ所分です。
申し込みは各演舞場1日1連です。

■徳島県のキャラクター「すだちくん」の阿波踊りは
8月12日(月)〜8月15日(木)青少年センタートモニプラザの
熱踊!らぢお阿波踊り!!に出演予定です。

■■■「おすすめテーマ」に詳細を掲載中
http://www.toku-ta.jp/osusume/
2013/7/31
「熱演!真昼の阿波おどり」NHK徳島
「熱演!真昼の阿波おどり」NHK徳島

NHK徳島放送局のロビーを使って一般公開される
阿波おどりステージの出演順が発表になりました。
今年で7回目となり阿波おどり期間中の
観覧スポットとして定着して大入り満員になります。
昼間の踊りを楽しむ観光客の皆さんにはオススメの
阿波おどり会場です。

8月13日〜15日  13:30〜17:00
NHK徳島放送局で観覧無料
2013/7/6
阿波おどり 有料演舞場チケット情報
藍場浜演舞場 12日1部 大人気
紺屋町演舞場 12日1部 大人気
市役所前演舞場 12日1部 大人気

となっているようです。
チケットが入手しづらいようです。
お早めにお求めください。
コンビニの端末から入手できます。

徳島市の本場の阿波おどりは
8月12日から15日の4日間です。
卓越した踊りやタレントの連を観ることができる
有料演舞場のチケット
(市役所前演舞場・藍場浜演舞場・紺屋町演舞場・南内町演舞場)
の販売が行われています。
お好みの演舞場をご検討ください。

前売料金
S指定席1800円
A指定席1600円
B指定席1400円
C自由席 800円
(別に発券システム手数料が必要です。コンビニ端末105円、ネット・電話315円)

券種の違い
S指定席・踊り行列の隊列変更(フォーメーション)が目前で見られる。
A指定席・踊り行列行進の隊列変更(フォーメーション)が進行方向で見られる。
B指定席・踊り行列行進の隊列変更(フォーメーション)の後ろ姿が見られる。
C自由席・踊り行列行進は正面を通過する。フォーメーションは遠くてほぼ見えない。
     演舞場の雰囲気は楽しめる。



有料演舞場のポイント
●市役所前演舞場〜初日8月12日開幕式。踊り体験のにわか連集合場所に近い。初日第1部に観光姉妹都市「仙台 すずめ踊り」の披露がある。
●藍場浜(あいばはま)演舞場〜収容人数が最も多いマンモス会場。テレビ中継も多く踊り手も力が入る。
●南内町(みなみうちまち)演舞場〜ゆるやかなカーブを描く踊り会場。毎日終演には合同踊りで迫力を感じる。初日第1部に観光姉妹都市「仙台 すずめ踊り」の披露がある。
●紺屋町(こんやまち)演舞場〜歓楽街にあり飲食に便利。踊りながらネオンの町へ。

踊り行進が右から来る場合と左から来る場合で座席の位置が変わります。
藍場浜演舞場 新町川側は右から行進してきます。川風が良い。
       国道側左から行進してきます。
紺屋町演舞場 栄町側は右から行進してきます。
       富田側は左から行進してきます。
市役所前演舞場 鉄道側は右から行進してきます。夕日がまぶしい。
        市庁舎側は左から行進してきます。
南内町演舞場 道路側は右から行進してきます。
       川側は左から行進してきます。川風が良い。
見物に首の楽な方を選びたいですね。